歯科医院の集客マーケティングのコツ

歯科医院様向けのホームページ・WEBマーケティングをご紹介しております。

“顔が見えないホームページとは?”

      2013/10/27

今日は、
失敗しない歯科医院ホームページ
8つの重要項目の2つ目です。

顔が見えないホームページ

あなたの歯科医院ホームページには、
スタップや院長先生の顔は掲載されていますか?

院長やスタッフの方の顔写真が掲載されていないと
お客さん、患者さんは不信感を持ちます。

たとえば、あなたご自身が、
ホームページで歯科医院を探す場合を想像してみて下さい。

その歯医者さんの先生とは、
“初対面”なのです。

ホームページに写真もプロフィールも見ていない状態で、
その歯医者さんに足を運んで、初めてその先生に会う場合、

緊張や不安がありませんか?

人間、誰しも見知らぬ人に自分の歯を触られるのは、
例え歯医者さんの先生であったとしても、
あまりいい気持ちはしません。

どんな人か分からない人よりも、
ホームページにプロフィールがしっかり書いてあった方が安心します。

掲載する写真も多く用意した方がいいです。
また、いろんな角度から撮られた写真があった方が、
親近感が持てます。

真顔の写真や笑顔の写真、
あるいは、全身の写真や施術中の写真など
多くの写真があった方がいいです。

そうすることで、ホームページを見ている側は、
実際に歯医者さんに行く前から、
その先生やスタッフのことを知ることができます。

そして、よくできているホームページというのは、
プロフィールに“個人的なこと”もしっかり書かれています。

たとえば、院長先生が、

・なぜ歯科医院を目指したのか?
・それまでの経歴や歯科医院を開業してからの苦悩は?
・どこの学校を卒業したのか?そのときのエピソードは?
・出身地や趣味、特技、好きな歌手、家族、ペット・・・などなど。

多くの自分のパーソナルな情報を公開しています。
※あくまで歯科医院という「軸」を持った上での情報公開です。

【顔写真もない、プロフィールもない先生】

【顔写真も全身写真も、治療風景も、笑顔も趣味も、出身も公開している先生】

あなたなら、
どちらの歯医者さんに行きたいと思いますか?

スタッフの方の情報掲載も同じ理由です。
なるべく、プロフィールをオープンにすることをおすすめします。

=今日のまとめ=

集客できるホームページにするためには、
院長やスタッフの顔写真や詳しいプロフィールを掲載する。

※次回は、ホームページの“情報設計”についてお話します。

※最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 - ホームページ制作

Comment

  1. […] 2つ目:“顔が見えないホームページとは?” 3つ目:“情報が整理されていない歯科ホームページ” […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

no image
”歯科医院ホームページの強さ”を高める方法(つづき)

いつもありがとうございます。 歯科医院Webマーケティングコンサルの川口です。 …

文章の書き方
文章の書き方|その1

いつもありがとうございます。 歯科医院Webマーケッターの川口です。 今日は、ホ …

人は見た目が9割。

『人は見た目が9割。』 という言葉を聞いたことがありますか? 人は無意識に、初対 …

ホームページに掲載すべき4つの要素とは?

ここでは、歯科医院のホームページに掲載すべき4つの要素をご紹介します。 1)キャ …

失敗しない歯科医院ホームページの8つの重要項目とは?(8つ目) SEO対策は超重要です!

さて、失敗しない歯科医院ホームページの8つの重要項目の 最後の項目はSEO対策に …

クリック率
ライティングがクリック率を左右する

いつもありがとうございます。 ベストページの川口です。 検索結果画面では、 ユー …

色は極力シンプルに
色は極力シンプルに

あなたが、色彩のプロでないなら、 シンプルなデザインにしましょう。 Webページ …

【ホームページの信頼性を上げる5つのポイント】

さて、今日は“信頼性”のお話です。「ホームページからのアクセスは結構あるのに予約 …

それぞれ理由は違うにしても、 『お金を払う理由』があります。
ホームページには感情が必要

ホームページを制作するとなると、 業者もクライアントも、 きれいでデザインがいい …

患者さんの未来はどうしたら伝わるのか?

前回のお話では、患者さんには、 “自分の未来を伝えることが大切だ“ ということを …