歯科医院の集客マーケティングのコツ

歯科医院様向けのホームページ・WEBマーケティングをご紹介しております。

歯科医院にも必要な集客スキル:『コピーライティング』の話(つづき)

      2013/10/27

前回は、広告や宣伝をするとき、
患者さんには次の3つの関門があり、

1)読まない
2)信じない
3)行動しない

それを、コピーライティングでどのようにクリアしていくのかについて、
お話をさせて頂きました。

歯科医院にも必要な集客スキル:コピーライティングとは?

今日は、2番目の“信じない”からご説明します。
※前回の内容はこちら↓
歯科医院にも必要な集客スキル:『コピーライティング』の話

2)信じない

信じないということについては、
すごくわかりやすいと思います。

例えば、あなたがテレビの通販番組を見て、

「この商品はこんなにいいんです!」とか、
「この商品を使うと10キロ痩せます」とか、
「周りの人も、みんな使ってます。」
という言葉を聞いたとき、どう思いますか?

あなたは、内心、
「嘘付き!そんな上手い手には引っ掛からないぞ!」
と思っているのではないでしょうか?

そうです。
人は簡単には信じないのです。

このことは、当たり前ですね。

何でもかんでも信じてしまっていたら、
通販商品で部屋中いっぱいになってしまいます。(^_^;)

さて、このような感情は、
あなたの患者さんも、もちろん持っています。

なので、あなたが、
自分の歯科医院は、他の歯医者さんよりも優れている。
と言っても、信じてもらえないのです。

どうすれば、人は信じてくれるのでしょうか?

例えば、
あなたも通販でものを買ってしまうこともあると思います。

自分がものを買う時が、一番マーケティングが見えるときです

そのときは、なぜ自分は購入することを決めたのかを考えてみてください。
とってもいい訓練になります。

さて、ここからは具体的に、
どうすれば患者さんに信じてもらえやすくなるか?
をご紹介します。

基本的には、“証拠”を示せばいいのです。

証拠とは、

・既存患者さんの声を見せる
・社会的に認められている証拠を見せる
 ⇒資格や賞状、雑誌や新聞に掲載された情報、マスコミに載った情報
・実際の治療内容を見せる
 ⇒実際の治療内容を動画にとってUPする
・役に立つ情報を提供する
 ⇒お役立ち情報や、治療の知識など、患者さんに役立つ情報
・自院の情報を公開する
 ⇒院内の雰囲気が分かる写真や、スタッフの方の顔写真
  院長先生の生い立ち、パーソナル情報。

など、多くの方法があります。

これらを患者さんに適切に伝えてあげると、
徐々に信頼してもらえるようになります。

3)行動しない

最後は、行動しない。ということです。

1番目の読まないという関門は、
一瞬の見た目で興味を持ってもえるように注意を引くことで、
読んでもらえるようになった。

2番目の信じないという関門も、
患者さんの声や証拠を見せることによって、
なんとか信じてもらえるようになった。

しかし、行動してもらえない・・・

これが最後の関門です。

基本的には、人は面倒なことが大嫌いです。

そして、何か行動するのは、
面倒だと思うことが多いです。

例えば、
歯科医院に行かないといけないと分かっていても、
面倒だから、行かない

少し歯が痛むけど、今はまだ耐えれるし、
『まだいいや。』と思って行かない

こんな人が多くいます。

では、この“行動しない”という関門をクリアするには
どうすればいいでしょうか?

答えは、患者さんの背中を押してあげるのです。

具体的には、

・言葉で誘導してあげる
⇒『いますぐお電話ください。』『ご予約はこちらから』など、
 言葉で具体的な行動を示してあげます。

・期限を付ける
⇒既に最後のメインテナンスから3カ月以上経ってしまっている患者さんは、すぐに定期健診に来るように促す。※定期健診が一番費用も期間もかからず、一生の歯を大切にする方法ということを期限をつけて説明する。

こういったところでしょうか。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

今回は、患者さんが無意識に作っている壁、

1)読まない
2)信じない
3)行動しない

についての内容と、
その関門をどのようにコピーの力でクリアしていくのかをご紹介しました。

今回の内容を踏まえて、
いまのあなたのホームページや、チラシ、看板を改めてご覧になってください。

この3つの関門を適切にクリアできているでしょうか?

歯医者さんも経営者ですので、
この3つの関門がクリアできているか考えてみてください。

この3つの関門がクリアできれば、
あなたの歯科医院の電話が鳴りやまなくなります。

もちろん、そんなに簡単ではありません。

しかし、知っているのと知らないのとでは、
雲泥の差になります。

一緒に1歩1歩、進んでいきましょう。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※次回は患者さんの声ページの作り方をご紹介します。

 - マーケティングのコツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

歯科医院経営でも活用できるフレーミング効果とは?

いつもありがとうございます。 今回はフレーミング効果についてお話します。 =フレ …

歯科医院の強みを明確にする

歯科医院さまの多くが、 すでに自院のホームページを開設されていると思います。 し …

Web担当者と更新マンが必要
Web担当者と更新マンが必要

Webサイトの価値は、 いかにサイトの情報を最新に保ち、 いかにサイトを更新しつ …

お金をかけない歯科医院のアピールポイント

あけましておめでとうございます。 ベストページの川口です。 今年も一年、歯科医院 …

歯科医院|患者さんを見つける
見込み患者さんを見極められますか?

一般的には、外を歩いている人を見て、 「歯医者を探しているか」 「歯に何か不満や …

オンライン集客とオフライン集客

いつもありがとうございます。 歯科医院のWebマーケティングコンサルタントの川口 …

歯科医院ホームページに新患さんが求めている情報とは?

インターネットで集客がうまくいく業界とうまくいかない業界があります。 今日は、そ …

歯医者のメイン患者と強み
自院のメイン患者さんとコンセプトを明確にする

いつもありがとうございます。 川口です。 競争が激しい歯科医院にとって 自院のポ …

コピー、デザイン、写真は三位一体に作る
コピー、デザイン、写真は三位一体に作る

反応が上がるホームページは、 コピーだけで作れると思うかもしれませんが、 効果を …

新規患者さんが歯科医院を選ぶときの要素

いま、インターネットで歯科医院を検索する患者さんが増えています 一般的に、問診票 …